PDT・光線力学療法が今注目されている!がんを治す最新医療!

PDT・光線力学療法が今注目されているがんを治す最新医療ってしっていますか?今回は、今注目を浴びている最新医療について調べてみたので参考にしてみてください。

PDTとは、Photodynamic Therapyの頭文字をつけた名前となっています。邦訳は光線力科学的療法と言ってレーザー治療法の一つとなっています。一般的にレーザー治療というと高出力のレーザーを使って病巣を焼き切るイメージがあると思いますが、PDTで使用するレーザーは出力が弱いのでレーザーでの病巣を焼くどころかレーザーに手をかざしてもほとんど熱さを感じることはありません。

PDTに必要なものはレーザーと光をあてると化学反応を起こす光感受性物質なのです。ある種の光感受性物質は正常な部分よりもガンにたくさん集まるという性質があり、レーザーをあてると正常組織にダメージを与えることなく、ガンだけを選択して治療する事が出来ます。

PDTに使用するレーザーについてですが、レーザーというとレーザーメスは有名となっています。熱で組織を約のですが40wという高出力であるのが特徴になっています。これに対してPDTに使用するレーザーは、出力はこれと比較して200分の1の200mw前後の弱い光となっています。PDTでは光の出力ではなく、波長が必要となってきます。日本では、泳ぐエキシマダイレーザーが使用されてきましたが、近年小型のダイオードレーザーが開発されています。

PDTの保険についてですが、早期の肺がん、胃がん、食道がん、子宮頸がんに対して保険で治療できるようになっていますが、病院などにより違ってきますのできちんと確認しておく必要があります。

肺がんにはPDTがおすすめできると言われていますが、肺がんはとくに高齢者に多く発症すると言われていて、人によりがんの特徴が違ってきますので、一人ひとり個別の治療で治療を行っていく必要があり、高齢者の喫煙者の患者さんが肺そのものがダメージを受けている状態なので、手術で肺を切除すると通常の生活に制限が必要になったり、肺炎等の合併症などの可能性もあります。しかし、PDTの場合には、正常の部分はほとんどダメージを受ける事もなく、治療後でもきちんと肺機能を保つことが出来るからなのです。

どんな肺がんでも治すことが出来るのですが、肺がんの特徴の一つとして、発生部分により腫瘍の性格が異なってきます。肺がんの太い気管支にできる中心型肺がんんと肺野に影が写る末梢型肺がんに大別され、進展形式が異なってきますので、治療法に違いはあります。中心型肺がんは気管支鏡で病巣を見る事が出来るので気管支鏡を使って治療を行う事ができ、工夫もできます。肺がんでPDTが適用となっているのは、太い気管支に出来た早期肺がんです。

今の時代は、ガンにかかる確率も高くなってきていますが、それなりに治療法なども研究されています。実際に、新しい治療法が良いかどうかというのは、患者さんがどのような結果となったかで違って気亜m巣が、何よりも安全に治療を行う方法として多くの方に行われている方法を選択する必要があります。

更に高齢者になるとガンの治療である程度の年代までしか治療が出来ないという現実的な問題もあります。その先はどうするのかという中で、やはり、安全性の高い治療法を医師と話し合って行っていく必要がありますが、きちんと対応出来て、専門の医がいるかどうか確認しておく必要もあります。

medi posted this in 未分類 on .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>