STAP細胞とは一体何だったのか!?

「STAP細胞あります!」という言葉が流行語になりそうなほど世間をにぎわしたけど、
あれって本当はどうだったのかな?

本当にあるかどうかは優秀な研究者達が何度も挑戦して駄目だったからないってことなんだろうけど、
STAP細胞の存在を世間に発表した本人は納得していないのかな?

だったら、自分が成功した通りのやり方で証明することはそんなに難しいことではないだろうから、
みんなの前で堂々と見せれば解決することだよね?

それができないってことは・・・

もし、それが元々ない物をあるように見せかけて「偽装」したのであれば、
ただ 有名になりたいとか結果を出したいという身勝手な考えがそうさせたのかなって思う。

だとしたら犯罪に近いようなことをしてしまったってことだよね~

そもそも「STAP細胞」っていったい何だったのかな?

この細胞はもし本当にあったら将来色々な分野で役に立つ万能細胞になるはずだったみたいだけど、
結局、今の時点ではSTAP細胞=ES細胞だという見方が正しいみたい。

でもさ・・・STAP細胞が発表されて世の中に広まったときは、他の研究者たちも「それは疑わしい」なんてことは一言も言わずに、
同じ研究を進めてきた教授が疑わしい点があると言い出した途端に「そうだと思いました!」なんて都合のいいことを言っていたのがちょっと・・・

とにかくこういう研究って誰もが一番最初に良い形で論文を出したいって思うだろうけど、
見えないところで色々な問題を抱えている感じがするな~

今回だって一人で研究を進めてきたわけではないし、そこのはたくさんの人が同じように研究して結果を見て判断する部分があったはず。
その人たちは何を思っているのかな?

STAP細胞はないと分かっていたけど、上司の言うことは聞かなきゃいけなかったのか、
それともES細胞の混入は誰かが一人で行ったことで、チーム全員騙されたのか?

とにかく何かあやふやになっていて、本当の事が何一つ分からずに「論文撤回」ってことで解決した感じ。

本当にそれでいいのか、その結果が出てもなお「STAP細胞はある!」っと言っている人がいるのはなぜなのか?

なんだかすっきりしない結末で世界中に恥をさらしただけだった気がするな。

個人的には「STAP細胞はやっぱりありました!」っていうのをいまだに期待してしまうよ。

medi posted this in 未分類 on .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>